東京都議会議員のやながせ裕文(大田区選出)です。

 

都議会は本日(12月15日)、第4回定例会を終了しました。

 

「豊洲新市場の移転問題」や「入札改革問題」などに隠れて、あまり話題にのぼらなかったのが「都議会議員の報酬アップ」について。

 

東京都は定例会に、職員給与を引き上げる条例改正案を提出。これが可決すると職員給与に連動している都議会議員のボーナスも12万円程度増額となる。

 

都議会では、今年の4月から報酬の2割削減を実施している。これは、都民ファーストを含む全会派で、報酬削減の議会改革に一致したもの。

 

都議選が実施されたのは6月。選挙前には報酬を削減し、選挙後にアップではさすがに都民をバカにしている。そこで、有志の4会派で「報酬を据え置きとする」条例案を提出した。

 

結果は、自民・公明・民進に最大会派の「都民ファーストの会」も含めて反対。あっさりと議員報酬のアップが決定した。

 

古い議会を新しく。このキャッチフレーズで大量の議員が当選し、最大会派を構成している。しかし、何が「古く」て、何が「新しい」のか。きっと理解している人は少ないのだろう。

 

選挙前に都民受けする都合のよいことを言い、選挙後には真逆のことをする。これが、これまでも何度も見てきてウンザリしている「古い」議会のやり方ではないのか。

 

志を同じくする議員と連携し、議会改革が少しでも前進するように尽力して参ります。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recent Articles