こんにちは、東京都議会議員(大田区選出)のやながせ裕文です。

 

衆議院議員選挙の大敗を受けて、小池知事が「希望の党」代表を辞任した。葛飾区議会議員選挙でも都民ファーストの会は候補者を5人擁立したが、当選は1人にとどまった。また、都議会公明党が知事与党からの「離脱」を表明した。

 

ジェットコースターのように急上昇していった小池知事の人気は、同じ角度で急下降している。求心力の低下も止まらない。選挙目当てで擦り寄って来た輩が、いっせいに泥船から逃げ出そうとしている。

 

そんな緊迫する情勢のなか、小池知事はシンガポールへと旅立って行った。国際金融都市に関する意見交換・講演を行うためだと言う。知事の海外出張といえば、先月にはパリに外遊したばかりではないか。

 

この流れで思い起こすのは、舛添前知事のことだ。

 

辞職する前年(2015年)、新国立競技場に対する都の負担金をめぐって、舛添知事は、国や最大会派である都議会自民党と一触即発の状態にあった。国からの負担要請を突っぱね、当初は威勢が良かったものの、国との調整は難航し、最終的には約400億円近い金額を支払うことに同意した。

 

私はこの「事件」が舛添氏が「既得権益と闘うことをやめた」ターニングポイントだと捉えているが、この後、舛添氏は「都市外交」にのめり込んでいく。

 

韓国大統領との面会で約束した「韓国人学校」への土地貸与を強行しようとして炎上。熊本地震が発生するなか、アメリカでのパレードでオープンカーから手を振る姿が報道され批判を浴びた。また、出張の際に使用した高額なファーストクラスやスイートルームは批判の的となった。

 

「都市外交」は完全なる失敗に終わったが、意固地になってやり続けたのには理由があった。「闘うこと」の難しさに直面し、都議会との折衝もうまくいかない。そんななか、活路を見出したのが、「国際政治学者」として得意分野である外交だったのだ。

 

パリ、シンガポールへ。矢継ぎ早に海外出張をこなし、現地で満面の笑みを浮かべる小池知事をみていると、舛添氏と重なってみえる。このまま、小池知事はレームダック化し、舛添氏と同じ末路をたどることになってしまうのだろうか。

 

小池知事に残された道は唯一つしかない。都民に目に見える形で「改革」の実績を積み上げていくこと。天下り天国の都庁組織にメスをいれ、随意契約だらけの外郭団体の整理を断行する。先ずは、これまでなあなあだった「身内」との「闘う」改革から示せばよい。

 

今後は、何をやっても批判されるだろう。であれば、捨て身の姿勢で、少しでも都政を前に進めてはいかがか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recent Articles