image1

 

こんばんは。東京都議会議員(大田区選出)のやながせ裕文です。

 

今日は、9月10日告示、24日投票の堺市長選挙について。

 

私は、大阪維新の会の公認候補「永藤英機(ながふじひでき)」さんを応援しています。現地で活動もしていますが、「大阪都構想」を争点として激しく競い合った4年前と比べると、盛り上がりはいまひとつ。

 

しかし、首長の資質は自治体の生死に直結します。都民の方から最近、過去の投票行動を悔やむ言葉が多く寄せられていますが、残念ながら4年間は政治勢力の枠組みは変わりません。4年間ってほんと長いんですよね。

 

堺市の皆さんには、しっかりと現職・新人、両候補の訴えに耳を傾けて頂きたいと思う訳ですが、そんなときに参考にして頂きたいのが、9月7日に堺高石青年会議所(JC)の皆さんが主催し実施された「公開討論会」

 

これが、見応えあり。

 

JC主催の討論会は各地で実施されており、私も候補者として参加したことがありますが、候補者が多いため、各自が勝手に主張して終わり。当然、討論なんてほど遠い、残念な結果に終わることがしばしば。しかし、今回は現職と新人の一騎打ち。運営側は公平性を保ちながら、できる限り「討論」をさせようとディベートのルールを採用。一つのテーマ毎に両候補が、実施したい政策・相手からの質問・反論と攻守を変えて論戦が行われた。

 

当然、現職はこれまでの実績を強調し、新人はそれを切り崩す、ことになることが想定されたが、現職は誇るべき実績がないのか、全く異なる展開に。

 

最初のテーマは「インバウンド」について。いきなり現職が新人に嚙みつく。

 

現職「百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録が重要だが、登録に必要な「ガイダンス施設」を永藤氏は無駄だから辞めるといっている。許されん!」

永藤「世界遺産登録は実現したいが、ハコモノの有無は登録に関係ない。30億は必要ない。あくまで遺産の中身が大事。」と切り返し「35億円かけた「利晶の杜」は一日4人しか外国人観光客が来ない。赤字も既に2億円。これはどうか?」

現職「世界遺産登録に「ガイダンス施設」は必要不可欠だ!松井知事に確認してみろ!」

 

うーん。議論は嚙み合っていないけれど、白熱している。現職は、「世界遺産が必要」の一転突破で、質問には答えない戦略か?攻守交替。

 

永藤「外国人観光客は堺を素通り。堺単独ではなく、大阪府市との連携が必要。大阪観光局に参加をすることが必要」

現職「すでに観光局と連携を深めている。理事長も視察に来た。出資はしていないが、いろいろとやっている」

永藤「観光局のシナリオに乗っかっているだけではダメ。戦略から一緒につくらないと」

 

なるほど。インバウンドの獲得に、世界遺産登録が必要ということは共通認識ですが、どこまで大阪府市との連携が必要か。このレベル感が違うようですね。現職は現状維持、永藤氏はより深い連携を模索するべきと。

 

高齢化や少子化対策などについても討論しましたが、盛り上がったのは「広域行政の在り方について」。

 

永藤「観光・消防・上下水道・成長戦略などは、大きな視野で大阪府市と連携が必要。最終的には道州制とするべき。任期中は政令市の範疇でできることをやっていく」

現職「任期中は大阪都構想を検討しないと言っているが、水道や消防の統合は、都構想の一番の肝。住民投票で否定された都構想をやろうとしている!」

永藤「水道・消防の統合は、都構想でなくてもやる。できる。都構想はあくまで手段。停滞を止めるためにやるべきことをやる。任期中は都構想の検討はしないと明言する。これからウソは言わないでください」

現職「どんな思考回路しているのか!」

 

「都構想隠しだ!」「都構想は検討しない。政令市のなかで改革を行う!」「いや、その改革こそ都構想だ!」

 

なんとしても、「維新=都構想=堺を壊す」という印象付けをしたいようですが、現職なんだから、新人へのに言いがかりに終始するのでなく、自らの実績と、これからのビジョンを堂々と語るべきだったのではないでしょうか。

 

討論のようすは全てを書ききれず残念ですが、ぜひ、投票の参考に「公開討論会」の動画をご覧頂ければと思います。。噛み合わない部分もありましたが、首長候補の二人による生々しい直接対決は、市民が資質を図る上で大きな寄与をしたのではないでしょうか。

 

あと、態度も大事ですね。原稿をひたすら読み続ける現職に対して、永藤氏は自分の言葉でしっかりと語っていたかと。これは、「永藤はiPadで指示を受けていた!」と場外での言いがかりに飛び火。

 

image1

 

現職を2期も務めていらっしゃるのですから、くだらないことを気にせずに、自分の言葉で市政を語って頂けるようにお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recent Articles