FullSizeRender

 

 

こんにちは。

東京都議会議員(大田区選出)のやながせ裕文です。

 

舛添知事の一連の疑惑に対する「調査報告書」が提出された。結論からいえば「調査不足」であり「知事を守るための報告書」としかいいようがないものだ。

 

報告書を一読すると、舛添知事が弁護士に「説明」したことが「正しい」ことを前提としており、踏み込んだ調査がなされなかったことがわかる。

 

注目したのは「宿泊費」と「飲食費」だ。話題となった木更津市の有名ホテルの宿泊費を調査検討した部分を引用する。

 

宿泊期間中、付き合いが長くかねてより相談相手としていた出版会社社長(元新聞記者)を客室に招き、政治家としての今後のことについて相談したとのことであり、面談は数時間程度であったとのことである舛添氏の説明内容を踏まえると、政治活動に無関係であるとまでは言えない。

 

「相談したとのこと」「舛添氏の説明内容を踏まえると」と、わざわざ断わりをいれており、「この社長なる人物と会合をしたかどうか」を弁護士が事実確認したわけではない。「舛添知事が真実をのべているかどうか」を調査するのが、第三者の役割なのだから、「舛添知事の説明を前提」にしたものでは、調査とはいえない。

 

犯罪捜査でも、容疑者の言い分を鵜呑みにする間抜けな刑事はいない。弁護士も舛添知事の説明が「事実かどうか」責任を負うことはできないのだろう。

 

この一点をみても、この報告書は「調査」「第三者」の名を借りて、「舛添知事を擁護するために作り上げられたもの」だと断ぜざるをえない。

 

また、この報告書で明らかになったのは、家族との旅行や飲食を継続的に政治資金から支出してきたという事実だ。

 

宿泊費として計上されている19件のうち、9件に家族が同伴している。弁護士が不適切と断じたのは6件だが、いずれにせよ、継続的に家族旅行の費用に税金を使用してきたことに変わりはない。この事実を「違法ではないからよい。返金したからよい。」などと許容する都民はいないだろう。

 

都庁職員が公金を横領すれば懲戒免職となる。地方議員が公費を使った視察に家族を同伴し、辞職に追い込まれた事例もある。都民が舛添知事の「税金に対する感覚」を許せるはずがない。

 

今日から、都議会では「代表質問」「一般質問」が行われる。私は、前回の定例会で時間を使い果たしており出番はない。こんなことになるなら。忸怩たる思いだ。本会議での質疑は、事前に協議がされたシナリオ通りに進む。「壮大なプロレス」と揶揄されないような論戦を望むが、いずれにせよ舛添知事に対する信頼が回復することはない。

 

この質疑が終了次第、各会派に「不信任決議」を呼びかける。不信任の提議は一人からでも可能だが、可決されるように尽力をする。都議会議員は、ひとりひとりが舛添知事を支持するのかどうか判断することが必要だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

舛添知事の存在は、違法ではないが不適切だ。へのコメント

  1. 葉山次郎 より:

    やながせさんを応援します。私の選挙区でないのが残念ですが。
    「不適切」な知事はいりません。何もかも「不適切」。このまま居座ろうなどと姑息なことを考えているこの男、許すまじ!

  2. 田中角栄 より:

    舛添氏の終焉
    第三者の意見が発表されたが、これは画期的な面がある。あまあまの調査(秘書や舛添本人へのヒアリングが中心、関係各所に確認ほとんどなし)で不適切判断が多々あったことはおどろきで、特に宿泊が6つ不適切と判断された。これは一番大きい。なぜか、市民団体からの告発が実はそこに切れ込んでいるから。複数回繰り返すということは故意である。故意であるとは法的に違法となる。地検が捜査に乗り切ると、舛添氏は終わる。
    次の都知事ですが、韓国学校に不可をだすということができるのであれば、橋下さんが一番政治とかねの問題を解決してくれる。いや、彼しかいない。
    ただ、マスコミから嫌われているので、可能性は低い。

    • jin より:

      昨日のテレ朝(橋下×羽鳥)で、政治資金の虚偽記載は違法でないと橋下は言い張りましたが、違法のはずですよ。弁護士&元知事がこの程度の知識で大丈夫ですか?

      • 小林君枝 より:

        +jinさま
        政治資金規正法は、全て記載されて居ればまかり通るザル法であり、本人が政治に関係する、、、と言えば違法にならない。という趣旨を言われたと、私は、訊いて理解したのですが。違法と言うことで追い込むのは難しい様ですので、道義心や倫理観など、政治家の資質に焦点を当てて何とか都知事の座から下りてもらうしか無いのかと。

        • jin より:

          虚偽記載と言っているのです。虚偽の意味わかりますか?
          政治に関係することを書いていたとしても、実際は全くしていない場合です。収支報告書の虚偽記載は、当該政治団体の会計責任者等、収支報告書に虚偽の記載をした者は、5年以下の禁固又は100万円以下の罰金に処せられます。

      • 田中角栄 より:

        Jin様

        いまのところ、韓国学校にNoといっているのは片山さつきのみ。小池ゆりこ、蓮舫は韓国学校止める能力はないです。池上さんは韓国学校賛成。。。橋下は?
        政治資金浄化できるのは橋下。。。という状況。現職議員で政治資金浄化できる人はいますかね?
        我々はそろそろポスト舛添を考えて、該当政党に進言する時期に来ています。
        私は自民には韓国学校不可だけ考えて、片山さつきはよさそう。小池はNoと感想をのべました。

        • jin より:

          下の私の投稿も見ていただけましたか?外国人参政権ちらつかせている橋下では話になりませんよ。朝鮮人区長なんか誕生したら、今の朝鮮学校問題なんて小さいことに過ぎません。朝鮮人学校に懸念を示している方の意見とは思えません。
          所詮、一般人は立候補した者の中から厳選することしかできないと思います。そして、任期中に手のひら返しされるのですからどうしようもありません。

  3. Pちゃん より:

    違法ではないというのはほとんどの都民が予想していましたよねww

    あれだけ政治と金の問題に詳しい桝添氏のことですから、「ここまではセーフ」ということを十分熟知して、つまり故意になされたことだということは、一連の報道で浮き彫りになっていました。

    うっかりしてしまったとか、秘書に対する管理を怠ったとか言うことのほうがまだ可愛げがある。
    この騒動を見ていると、票を得るため公職選挙法に抵触した、というほうがまだ許せる気分になります。
    「家族旅行」ですよ!?血税で!
    しかも法に触れないとわかってやってるんです。

    私的流用というか、詐欺ですよね。
    贅沢するためにきれいな公約並べたの?って、だからみんな腹立ってるんです。
    しかも肝心なことやらないで韓国(ご自分の祖国?)のご機嫌取りばかりやろうとするし。

  4. jin より:

    ヘイト法案賛成に外国人参政権すらチラつかせてる橋下なんて論外ですよ。先日の川崎・渋谷デモでも暴動を知っての発言ですか?マスコミが誘導する人物を鵜呑みにして投票するから何度選挙したって変わりませんよ。維新だから押してるだけでしょ。
    昨日の会見を取り上げるなら、虚偽記載で追及するぐらい具体的にお願いしますよ。三日月は「会議」で計上しときながら、ほんとは「相談」というただの情報収集。また、コーヒー代18000円は店主が強く否定してますよ。そもそも喫茶でこの金額ありえないでしょ?1、0を追加した領収書偽造の可能性が高い。
    ところで前回宣言しましたリコールの詳細はどうなりました?いつからどのルートで何名体制で署名活動するのですか?

  5. 敬天愛人 より:

    舛添知事が言う「第三者」の判断では違法では無いとの事でしたが、知事になる前の2011年9月7日付で赤坂の喫茶店が出した領収証については、店主が18,000円もの金額の領収証は書いていないと証言しています。これは有印私文書偽造です。自民公明は都知事就任以前の事に関しては議会で追及するのは難しいと、意味不明な事を言っていますが、東京都のトップが犯罪者で良いのでしょうか?有印私文書偽造罪の時効が5年ですので、他の政党は、その期限まで触れないと思います。

  6. 小林君枝 より:

    やながせ議員何時もお疲れ様です。
    都議のうち、声を上げて居られるのはやながせ議員の他に音喜多議員のみなのでしょうか?
    自公の腰が重いのには、色々な思惑が有ると思いますが、それにしてもこの問題をウヤムヤにするなら選挙で都知事と都議に対する民意を示しましょう。mediaは視聴者に対し公金横領にだけ注意を向けていますが、最も大事な処は彼のマニフェストにあった待機児童ゼロより、都有地を韓国学校に貸与する事を優先、詰まり彼の思いは都民より韓国に有ると言う事です。

  7. さいとう より:

    不信任決議は唯一といえる有効手段で、状況を正確に理解している国民は、これを切望していると思います。
    解散の可能性があるため、起案に踏み切りにくい事情もわかりますが、もはやこれに賛同しない都議は舛添氏と同様に批判と対象にすべきとさえ思います。

    不信任決議案にかかる都議の反応、とても気になります。
    今後また本ブログでぜひ取り上げてください。
    よろしくお願いします。

  8. 飯塚秀司郎 より:

    家族旅行、わけのわからない飲食代、本の購入、インターネットでの絵画購入と、その額縁の購入等を政治資金(税金)で好き勝手に購入している、なまじっか頭が良いから違法にならない様に帳簿上で処理をする。金の使い方のせこさ、言い訳の
    女々しさ、政策、だのビジョンだの以前の問題で政治家の本業を理解していない金の亡者としか思えない。
    日本人の民度を貶める桝添要一には即刻天誅を加えるべし。
    主義主張は別にして一生懸命な議員の皆さんの毎日の政治活動をも貶める桝添知事の存在、態度、言動を決して許してはならない。
    桝添要一は唾棄すべき人物であり、即刻辞任、検察庁からの取調べを受けなければならない。
    そしてこの唾棄すべき男の行ってきた事を白日のもとにさらす事!
    私が知る限り、このようなセコクみみっちい政治家は見た事がない。
    けちである事は悪ではない。セコクてみみっちいことが問題なのである。
    この男は東京都、そして日本を貶めた。
    しかも想像を絶するやり方で貶めたのである。
    先ずは政党助成金は遡って全額返金させる事である。
    日本の政治家と呼ばれる方々はこのような男決してゆるしては
    いけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recent Articles