良く晴れた青空と東京都庁

 

こんにちは。

東京都議会議員(大田区)のやながせ裕文です。

 

 

本日東京都が、「都庁内保育所の利用企業が決定しました!」と発表しました。

 

今年の10月に東京都議会議事堂の1階に、都庁舎の一部のスペースを利用して定員48名の「都庁内保育所」を開設するのです。

 

うーん。なかなか、待機児童対策に熱心ではないですか!!!

 

この都庁内保育所設置は、「民間企業が事業所内保育所をつくる」ことを促進するための事業と位置づけられています。つまり、都庁が率先して「事業所内保育所」をつくれば、それが民間にも波及するのではないかというロジック。

 

「事業所内保育所」とは、企業が従業員のために設置するもの。その一部を地域住民が利用できるようにすることで、待機児童対策にも役立てようと、行政は設置を促進しているのです。

 

確かに、都庁内保育所でも、入所定員48名のうち24名分は、地元区民が利用できる「地域枠」として設定されており、地域の待機児童解消に貢献するでしょう。

 

しかし、ひっかかるのは「従業員枠」。

 

都庁内保育所は、近隣企業にも費用を負担してもらい、その負担分を優先利用枠として利用することができる仕組み。今回は、公募で6社が決定し12名分の枠を優先利用することになります。

 

ここまでは理解できます。ですが、48名定員の残り12名分はというと、

 

 

東京都職員の優先枠!

 

 

となるわけです。これはどうでしょう???

 

「事業所内保育所とは、設置企業の従業員のためのもの。都庁内保育所なんだから、都庁職員が優先されるは当たり前!」

 

ということなんでしょうが、税金を投入して「都庁職員」の待機児童から優先して解消しようという施策にみえるんですよね。

 

毎年、年末になると、私の事務所にも「なんとか保育所に預けたい」皆さんから、多くのお問い合わせを頂戴します。しかし「どれだけ保育が必要か」を厳密に基準化し、ポイントの高い順番で入所を決めていくなかで、僅かな差で落選してしまう方がほとんど。

 

そのような状況のなかで、待機児童解消を仕事とする側の「都庁職員」が、地域住民と保育の必要性で競合することなく、優先的に入所できる。この仕組みには、この上なく違和感があります。

 

もちろん、都庁職員の福利厚生は必要です。働きやすい環境整備は重要でしょう

 

しかし、待機児童問題が解決から程遠く、都民が困難な状況にあるなか、一部の都庁職員だけがその困難な状況から脱出を図る仕組みは、許されるものではないでしょう。

 

また、都庁内保育所をつくることで、この事業の目的としている「民間企業における事業所内保育所の設置促進」に、どこまで貢献できるのか、まったくわかりません。

 

都庁内保育所は、「都庁の事業所内保育所」という位置づけではなく、「待機児童対策に本気で取り組むシンボル」として、地域住民を優先する保育所とするべきです。

 

地域住民の保育需要を満たし、定員割れとなったら、都庁職員が利用する。これが正しい順番ではないでしょうか?

 

多額の借金を抱え増税を控えるなか、公務員の給料をアップする。待機児童が多いなか、都庁職員保育所をつくる。

 

優先順位を間違えていないでしょうか。

 

都庁内保育所が開設!待機児童は都庁職員から解消?へのコメント

  1. 都民ですが より:

    だーかーらー、都有地にも保育園作れっての!!!!!
    今、都知事に向けられている都民の怒りが、いつ都の職員に飛び火するかわかりませんね(大名旅行だって危ないのに)。
    都の職員の方は、今のうちに内部告発でもしてさっさと都知事を追い出した方がよいのではないでしょうか。
    田中角栄様
    コメント拝見しました。わざわざありがとうございました。上手くいくようお祈りしております。

  2. 田中角栄 より:

    新宿区の動きが気になります。
    新宿区長はべつに舛添よりではないと思います。区長は意見聞いてくれると思います。
    まあ、新宿区、区議、区民がどう動くかが重要です。新宿区、区議、区民が表だって反対を表明すると舛添都知事もちょっとは反省するでしょう。なにせ、都庁は我々の反対意見の理由を都知事に上げていないことが判明したので。都庁職員はだめです。電話で確信しました。覇気も能力もありません。
    都庁は都職員のためだと勘違いしてますね。
    都庁に保育所というのはカモフラージュですよ。
    一度電話したら分かります。

  3. 都民です より:

    韓国学校の件頑張って下さい、応援しています。
    ところで今、もう一つネットで話題になっているのですが
    こちらは本当なんでしょうか?↓
    【東京都が8億円を負担し、在日韓国人専用の老人ホームが今秋オープンする】(8億負担は2013年10月の報道)
    ソースはネットを検索すれば沢山出てくるんですが…
    《在日韓国老人ホームを造る会》
    http://www.tsukurukai.jp/topics/2015/20150701tokyobokin.html
    《「故郷の家・東京」について》
    http://www.kokorono.or.jp/tokyo/tokyo.html

    《多文化共生の介護施設「故郷の家・東京」着工 2016年秋のオープン目指す》
    http://www.christiantoday.co.jp/articles/15592/20150319/kokyo-no-ie.htm

    《「故郷の家・東京」の設立を助けよう(中央日報日本語版)》
    http://s.japanese.joins.com/article/018/177018.html?servcode=100&sectcode=140

    《在日韓国人のための老人ホーム 東京都が8億円を負担し、今秋オープン》
    http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1876147.html

    記事を読むと、どうやら鳩山由紀夫元首相(←以前、韓国を訪問し抗日の象徴と言われる場所で土下座して謝罪していましたね…)などが関係しているようですが、
    こういった韓国人と同じ歴史認識をもつ方達が自分達の金でやる分にはまだいいとは思いますが
    外国人専用(在日韓国人の為の)福祉施設に対し、なぜ8億円もの《都税》が使われなければならないのでしょうか?!
    国民は税金を日本国のために払ってるわけで、韓国人の為に払ってるつもりは無いと思いますが?
    日本人(都民)の税金で、韓国人専用老人ホームに8億円もの大金を負担する。
    これは事実なんでしょうか?
    湯水のごとく東京都民の血税が韓国人の為に使われていく事に非常に不快な気分です!
    例え1円であっても日本人に優先的に利用してほしいですよ!!!
    こういった事はなぜかニュースにはならないし、メディアに取り上げられないですよね?
    大問題ではないんですか?

  4. 田中角栄 より:

    皆さんこれだけは!
    都内に「新日本婦人の会」という団体があります。ホームページでは子供のために云々の記事や政府に待機児童問題を具申したときの写真などが掲載されています。よって私は電話で韓国学校の件聞きました。しかし、韓国学校の話題を出したとたんに女性活動家特有のドスの利いた対応で電話切られました。待機児童問題は政治活動だったのか‼この団体は国連で日本の悪口を言いまくっているのです。日本人かどうかも分かりません。最近「日本復興」を書いた人が日本はまるで自殺しつつあると言っています。この団体によって日本は滅ぼされようとしているのです。アメリカではそう感じられています。この団体を反社会的組織と言わず何を言うのか?日本製品より韓国製品を置くイオン、三洋電機とSHARPを潰し、韓国企業に迂回融資までするみずほ銀行。これらがつながっていたとしたら、日本は滅びる。三洋電機、SHARPでリストラされ自殺した人達はこれらの組織に一因があるのではないか(殺された)?待機児童問題や老人施設などは政治活動に利用されてはいけません!
    舛添都知事はこれらと関係ないと思いますが、韓国絡むとなぜもめるんだ?
    反社会的活動家はこの問題から手を引きなさい!日本から出て行きなさい!
    日本の子供は我々が守る!

  5. 田中角栄 より:

    NHKより!
    舛添都知事は現在、ワシントンの桜祭りのパレードに参加し、笑いながら手を振っていました。熊本が大変なのにこんなことが許されるのか?
    熊本の件でまた都の問題が露呈した!
    避難場所!
    大分では韓国政府が韓国人だけ助けるためにバスを用意した!
    土地貸したら、災害時には新宿区区民は逃げ場所無くなるぞ!

  6. 都民ですが より:

    やながせ先生、change.orgで韓国人学校反対の署名集めをしていただけませんか?

    どこかで読んだんですが、土地は来年2017年4月から貸し出されるそうで、次の都知事選が間に合いません。

  7. 田中角栄 より:

    舛添都知事は現地でインタビューにこたえ、都内にブロードウェイ街を作りたいと述べた!今言うべき内容かい!
    この人病気なんじゃないのかな?
    都庁の秘書は病院へ連れて行ったほうが良い。普通じゃない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です