こんにちは。

東京都議会議員(大田区選出)のやながせ裕文です。

 

本日(3月25日)、都議会第一回定例会が終了しました。予算を審議する重要な議会でしたが、議論は低調でしたね。

 

議会で主に議論されたのは「オリンピックをちゃんとやれ!」「福祉を充実させよ!」という二つ。このこと自体には私も賛成。しかし、それを実現し、持続していくために、「改革」と「税収のアップ」が必要ですが、都には、この視点が決定的に欠けています。

 

■舛添都政は福祉先進都市を目指す!

 

「福祉先進都市を実現する」は、舛添知事が繰り返し訴えているフレーズ。これは都民の誰もが歓迎するものであり、一刻も早い実現を望むものです。来年度の予算でも保育、子育て、介護、障害者支援など手厚い予算が組まれ、私も賛成の立場です。しかし、その一方で、

 

「富の分配」には熱心だけれど、「富を生み出す」ことや「ムダを削減する」ことには関心を示さない。

 

ここが舛添都政の最大の課題ではないでしょうか。舛添知事の口癖は「必要なところに必要な予算をつける」です。当然なことといえば、当然ですが、これでは財政は膨張を続けるばかり。だって必要なものはいくらでもあるでしょ。

 

舛添さんが、こんなことを言っていられるのは、あくまで税収が好調だから。都税収入は前年度に比べて3.7%増の約5兆2000億円。5年連続の増加となっています。

 

舛添知事となって「福祉予算」は増えました。自然増だけでなく、積極的に保育や子育て支援、介護など予算を厚くしています。しかし、これは税収が増えたから回しているだけであって、ある意味、誰が知事となってもできることと言えます。

 

今後東京では、急速な高齢化がすすみ、莫大な財政需要の増加が見込まれます。しかし、景気の変動を受けやすい都税収入の先行きは不透明。2020年までの基金が7300億円、それ以外の基金が1兆1千億円となっていますが、過去1年間で1兆円の税収減を体験した都政において、磐石な基盤とは到底いえないものです。

 

ですから、「改革」をして徹底的にムダを排除し、「将来の税収」につながる投資がなによりも重要となってくるのです。

 

■いまだ天下り天国の都庁。封印された「行革」

 

しかし、舛添知事となってから、歳出を削減する改革は進んでいません。

 

好調な税収のもと、事業をスクラップすることへのモチベーションは低く、知事が改革の象徴と誇る「事業評価」で生み出したのはたったの「300億円」。これは政策的経費の1%にもみたないものです。

 

知事は「必要な改革を必要なときに行う」といいますが、自主的な改革で、大なたを振るうことはできません。目標もなく、改革の方向性が示されていないことが問題なのです。これまで各知事のもとで策定されてきた「行政改革プラン」は、舛添都政では策定されず、封印されています。

 

都庁に目を向けてみると、「監理団体」(外郭団体)は天下り天国。そこに、さまざまな理由をつけて1000億円を超える特命随意契約が続いています。詳細は後日書きますが、監理団体の経営目標管理制度は、前年度より低い目標を設定し評価を高くみせかけるなど、骨抜きの状態と言わざるをえません。つまり、役人のやりたい放題となっているんです。

 

民でできることは民でという思想のもと、まず、この監理団体のあり方から正すべきです。

 

改革は敵をつくる。特に行政改革は、内部から大きな反発を招き、足元をすくわれかねません。ですが、好調な税収にあぐらをかいて、お金を配ることや華やかな「都市外交」ばかりに注力していては、都庁は肥大化するばかりです。

 

本定例会に提案された、議員報酬や知事等の給与を引き上げる関連条例案に反対しましたが、改革をはじめるには、まず自分たちの「身を切る改革」が必要でしょう。

 

舛添さん、知事就任から2年がたちました。そろそろ、嫌なことにも目を向けて、10年後、20年後の都民のために、改革に取り組んだらいかがでしょうか?

 

舛添都政。税収好調につき、「天下り天国」は維持。封印された改革。へのコメント

  1. 山本 より:

    特別支援学校の件も含めて、もっと追求をして欲しい。都の自民党は何をやっているのだろうか。新宿区在住なので、新宿区都議の自民党にも連絡をしました。本当に頑張って欲しい。

  2. 高野 より:

    「福祉先進都市を実現する」と言っておきながら朝鮮学校作ろうとする、舛添は2重人格ではないでしょうか?、
    海外出張では豪遊し国の指針を無視しての資格無の自分善がり外交等あまりにも問題が多いと思います、
    これ等の件で都議会宛に意見を出した事もありますが相手にされていません、都民の声が直接届かないのならば議員の責任は大きい、之からも大きく声を上げて頂きたい。

  3. 田中角栄 より:

    産経新聞によると、昨日は舛添氏は定例会見をキャンセルし、舛添氏は「なんでもかんでも保育園のニーズ、ニーズ。都有地を国際親善に使うことが問題なのか」と述べています。彼の言動を解析すると再選は頭にないですね。都民とか日本とか関係なく、パクさんとの約束を守って韓国学校誘致して、あとは辞任でもよいとでも考えているのでしょう。心理的に人間は大きな(都知事にとっては安倍総理が会うまえに俺が会ったと言う優越感)ことをやったあとはそれを死守する傾向にあります。舛添さんはだから、法的にじぶんが罰せられる以外は韓国学校やるでしょう。但し、柳ケ瀬議員の調査や国民の反対意見がジャブで利いているのは確かです。国会議員議員連中にヒアリングした結果、話題になってきているのも事実です(韓国で予定のお酒フェスティバルドタキャンになったら外務省は黙っていないでしょう)。
    今後は柳ケ瀬議員議員などの都議は引き続き頑張ってもらい、我ら都民は引き続きクレームを続けて、新潮や文春にたれ込む。そして最後にもし、韓国学校決定になれば憲法違反で無効にするという感じだと思います。彼は都民は眼中にありませんよ!プライドのため、政治家すてて人生かけて韓国学校作ろうとしています(何かに固執すると凄いのは彼の女性問題みたらわかるじゃないですかー。普通じゃないですよ。)。ただ憲法違反であることは確かです。最後は日本国憲法が守ってくれます。私は地方自治体法が気になる(現行では知事は総理を無視できる)のでそちらで動いてみます。
    皆さん頑張りましょう‼

  4. 都民ですが より:

    保育園は幼児教育の場でもあると思います。
    国民の教育を受ける権利を奪うのは
    やっぱり憲法違反ではないでしょうか?
    少なくとも舛添都知事は待機児童の解決の努力を放棄したと
    公言しているわけですよね?

    アメリカでは貧困の防止には幼児教育が最も効果的という研究結果が出て、幼児教育が重視されているそうです(幼児教育といっても普通の集団生活やしつけ)。

    やながせ議員のブログは、反対派に根拠となるデータを提供してくれる貴重な情報源となっていると思います。

    女・子供・障碍者に厳しい舛添都知事
    大統領にはニッコニコの舛添都知事
    ま じ キ モ イ !!!

  5. 田中角栄 より:

    柳ケ瀬議員
    ちょっと確かめたいのですが、韓国学校は移転ですか?2校目ですか?移転であれば反対とは言えなくなります。実は今ある韓国学校は日本にとっては移転してもらったほうが良いからです。韓国学校に隣接する日本の医学的研究施設群は隣に(韓国)があっては今のままではちょっと不味いからです。

  6. 都知事の行いに疑問を感じ始めた者 より:

    舛添知事の24百万円政治資金流用疑惑、3億円不正経理などのネット情報が過去ありましたが、それらは既に解決済の問題なのでしょうか。
    誰も何も言っていないだけのように感じていますが、国会議員時代のことにしても都議会では追求しないのですか。
    今日の都議会をテレビで見ましたが、舛添さんの外遊や都有地問題について共産党議員はほとんど質問しなかったのには驚きました。議員の皆さんは今回の都民の反応を真摯に受け取っていないことにがっかりしたした。

  7. 都内勤務者 より:

    都民ではありませんが、韓国学校の件に豪華海外出張費の件等、都知事の傍若無人には呆れかえっております。暴君としか思えません。
    納税者を馬鹿にしています!都の土地は、都民のために、福祉施設・保育園など有効に活用するのが大前提ではありませんか?
    やながせ議員、応援しています。どうか頑張ってください!
    それから、↑の田中様、新宿区の韓国学校は移転ではなく、2校目と思います。

  8. 都民ですが より:

    結局、舛添都知事は本当に韓国が好きなわけではないと思います。
    私がもし韓国人の親だったら、地元民の恨みを買って作られた学校に子供を通わせたいとは思いません。それより、柳ケ瀬議員のご提案のように、賃貸物件の方がずっと良いです。たとえ施設の利便性が劣るとしても、その方がずっと良いです。
    音喜多都議会議員がブログで指摘しているように、
    韓国人に対する理不尽で不可解な優遇は、かえって国民の韓国人への反感を煽るおそれがある、と思います。

    国際親善も口だけだと思います。
    本当に国際親善を望む心ある人なら、こんなふうに地元民の恨みを買いまくっても自分の意地を通すような見苦しいまねはできないと思います。

    結局、大統領に頼まれたオレってかっこいい、その頼みをこの上ない形でかなえちゃうオレって最高、ぐらいに思ってるんじゃないでしょうか。都民のことも韓国のことも考えてない、ただ自分の虚栄心を満たすことしか考えてないんだと思います。

    こんなのは外交でもないし国際親善でもありません。
    舛添氏が己の虚栄心のために都の財産(土地、税金)を蕩尽しているだけです。

    本当に国際親善を望むのであれば、たとえば、タワーマンションを作り、低層階には福祉施設、上層階は住居、商業施設にも入ってもらって、カフェなどで地元の住民やビジネスマンらが憩い、なんなら韓国人学校にも1フロア貸し(もちろん家賃はしっかり払ってもらう)、憩いの場に韓国人学校の生徒も自然に溶け込んでいる、
    そういうのを目指すのが国際親善の意味ではまっとうな方向ではないでしょうか?
    (現実的には、韓国にネガティブイメージを持たないのは難しいと思いますが、それを置いておくとしての話ですが)

    他の方のコメントにもありましたが、
    まずは、リコールするよりこの件に関するアンケートを取って、
    突きつけるのはいかがでしょうか。世論調査みたいに。
    その費用は、税金ではなく寄付金を募るのでいかがでしょうか?
    クラウドファンディングのように。

  9. 田中角栄 より:

    片山さつき先生が韓国学校の件で優先順位が違う。都民を優先すべきだと述べてくれています。素晴らしい。
    また、東京都庁に都民のクレームをどのように舛添都知事に伝えているか聞いたところ、反対意見がこれだけ来ているとしか伝えていないとのことです。クレームの内容を伝えていない‼怠慢以外なにものでもない!
    先週末連続でデモがあり逮捕者も出たとのことです。これ日本の治安考えたら暴動ですよ。都知事、東京都ちゃんとやって欲しい。できないなら辞職してください!

  10. 都民ですが より:

    為政者のこんな横暴が許されるはずがなく、必ず何らかの法律に違反しているはずです。
    こんな横暴が許されるのだとしたら、一体日本国憲法は何のためにあるのか。
    私は法治国家の国民として、法の力を信じたい。
    都知事に対して裁判を起こし、次の都知事選まで時間を稼いで、次の都知事選の争点にできれば、と考えました。
    新宿区長あてにメール?しようと思ったのですが、新宿区長は都知事のお仲間なんでしょうか?
    裁判費用は寄付か、自治体だったららふるさと納税という手もある、と考えたのですが・・・。

  11. 田中角栄 より:

    都民ですが様
    裁判云々はよい方法があるのですが、ネット上で明かすと万が一舛添都知事サイドに見られると困りますので明かせませんが、これしかないと言う方法があります。実際に動いていますので。
    皆様
    今日、都庁に韓国学校は移転か2校目増設かと聞きましたら、はっきり2校目増設と返答されました。
    と言うことで、ちょっと妙案ありますので、今週中にやってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recent Articles