こんにちは、やながせです。

 

先日の記事に対しては多くのご意見を頂きました。有難うございます。

 

放射性ヨウ素、いま東京で検出のナゼ????

都内下水処理場の直近の放射性物質検査で、汚泥焼却灰から放射性ヨウ素が検出されたことを疑問視したものです。

 

原発事故から5年が経とうとしているなかで、半減期の短い「放射性ヨウ素」が検出されるのは、異常な事態。

 

「いまだに原発から放出が続いているのではないか?」という心配をされる方もいるかと思います。しかし、それならば、東京都が放射性物質の飛来を常時監視している「モニタリングポスト」に数値となって現れるはずですが、異常はみられません。

 

東京都健康安全研究センター(環境放射線測定結果)

http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/

 

残された可能性として、前回指摘したのが、こちら。

あとは、以前より指摘のあった「医療用に使用しているヨウ素」が検出されているのではないか?とも考えられますが、この数値を検出するためには、莫大な放射能量が必要となります。

この「医療用放射性ヨウ素」について、多くの方から情報提供頂きました。放射性ヨウ素131は「甲状腺がん」「バセドウ病」の治療で使用されていることは知られていますが、問題はその放射能量。

 

東大病院で放射線治療を担当するチームのブログを引用。

http://tnakagawa.exblog.jp/15314393/

なお、I-131内用療法で使われる放射線の量ですが、甲状腺がんの治療では、3.7~7.4 GBq(1 GBq=1,000,000,000 Bq=10億Bq)を投与しています。これは、福島第一原発で問題となっている、I-131の飲料水1kgの暫定規制値300 Bqと比べて1千万~2千万倍に相当します。(水の量で言えば、1万~2万トン!)バセドウ病でも、甲状腺がんの10分の1くらいの放射線量を使います。

 

なんと!10億Bq!!!

 

これはケタ違いですね。都内の放射性物質を追っかけてきた身としては、かなりの驚きです。しかも、治療法は非常に単純で、I-131を小さなカプセルに入れて、口から飲むだけとのこと。

 

下水処理場で検出されてもおかしくないレベルの放射能量ですが、患者数や投薬量、治療を採用している病院の立地なども調査の必要があります。

 

ただ、これだけの放射能量を扱うと、危険が伴うのは当然で、患者以外の被爆対策が必要となるはずです。

 

大量の放射能を医療用として患者に投与して、垂れ流し、下水処理場で見つかりましたでは、お粗末極まりないわけで。

 

引き続き調査して、お伝えしますね。

 

 

放射性ヨウ素、いま東京で検出のナゼ????(その2)へのコメント

  1. 山本秀子 より:

    先生のブログを拝見させて頂き大変参考になりました、舛添知事はけしからん、元は韓国人ですから母国を優先に
    飛んでもないこと、日本の予算を取るなんて許せない、税金を払いたくない
    韓国人を投票した都民も勉強して、二度と投票しないで欲しい声を大にして皆さんと抗議しましよう、私も協力しますので舛添を止めさせる運動をしませんか?
    韓国学校の取り止め日本人の保育所を作れと署名運動を立ち上げ頑張ろうではありませんか?
    是非先生が発起人になって立ち上げて下さい
    私の連絡先は
    ranran2288@gmail.com
    です、ご一報を宜しくお願いします。

  2. 佐藤那由多 より:

    先生の活動は2009年に武蔵新田の駅前で声を張っていらした頃から存じております。ご自身の問題意識からありうる可能性を想定し、真実に迫っていく姿勢はとても共感を覚えます。
    私は放射能に関しては、先生とは問題意識を異にしていますが、引き続きこの件についての調査を行って頂きたいと思います。その上で、10億Bqという量がどのようなことを意味するのか、医療機関から廃棄されていたとして、それは果たして悪い事なのかを世に問うてほしいと思います。
    フランスがドーバー海峡に、韓国が日本海に放出している放射能物質の量はどのような意味を持つのかも、併せて検討頂くと、HPの閲覧者にとってはフェアに映ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recent Articles