私がまだ、当選直後の新人議員だったときのこと。

 

その女性は突然、現れた。

 

議会の控え室に、やや興奮気味に女性が飛び込んできた。

 

50代だろうか。髪の毛はボサボサで、夏なのに異様なほどの厚着をしている。私は部屋で一人、事務作業をしていた。

 

「何か、ご用ですか?」

 

彼女は慌てた感じで、手で大きくバツをつくり、ダメだダメだ、というジェスチャーをする。

 

「えっ????」

 

その意味をはかりかねたぼくは、困惑した。彼女は口の前に一本指をたてて「シィッー!」というジェスチャーをして、ぼくの席のところまで足早にやってきた。

 

なんだ?なんだ?

 

彼女はぼくの耳元に手をやり、あたりを伺いながらささやいた。

 

「わたし、盗聴されているの」

 

 

1時間ほど、話を聞いた。彼女が言ったことは、こんなことだったと思う。

 

「あることがきっかけで、日本政府?から嫌がらせを受けるようになった。行動は常に監視されており、家も盗聴されている。家では電磁波攻撃を受けており、夜眠ることもできない。なんとかしてほしい」

 

真剣な顔で、大量の汗をかきながらの言葉に、相槌をうちながら、ただ聞くことしかできなかった。当時、新人議員だったぼくには、どう対処したらよいかさっぱり分からなかったのだ。警察か弁護士を紹介しようとしたところ、「お前も仲間か!」と憤りながら帰っていってしまった。

 

どうすればよかったのだろう。困難な状況におかれていて、意を決して議会まで訪ねてきてくれた。しかし、何もすることができなかった。非常に悔いの残るものだった。

 

後でわかったことだが、「各会派の控え室に頻繁に来る常連の人」で「統合失調症ではないか」と議会事務局から教えられた。ぼくは、この一件から「統合失調症」に注目するようになり、その後、多くの患者さんと出会ってきた。

 

彼女が統合失調症だったのかどうかはわからない。ただ、統合失調症の代表的な症状が「幻覚」と「妄想」であり、厚生労働省のサイトでは以下のように解説されている。

 

統合失調症の幻覚や妄想には、2つの特徴があります。その特徴を知ると、幻覚や妄想に苦しむ気持ちが理解しやすくなります。

 

第1は、内容の特徴です。幻覚や妄想の主は他人で、その他人が自分に対して悪い働きかけをしてきます。つまり人間関係が主題となっています。その内容は、大切に考えていること、劣等感を抱いていることなど、本人の価値感や関心と関連していることが多いようです。このように幻覚や妄想の内容は、もともとは本人の気持ちや考えに由来するものです。

 

第2は、気分に及ぼす影響です。幻覚や妄想の多くは、患者さんにとっては真実のことと体験され、不安で恐ろしい気分を引き起こします。無視したり、ほうっておくことができず、いやおうなくその世界に引きずりこまれるように感じます。場合によっては、幻聴や妄想に従った行動に走ってしまう場合もあります。「本当の声ではない」「正しい考えではない」と説明されても、なかなか信じられません。

 

統合失調症について知りたい方は、厚生労働省の以下サイトをご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_into.html
発症した子供をもつ家族の壮絶な闘病記「息子が統合失調症になったとき」

http://www010.upp.so-net.ne.jp/hitomi07171953j/index6.htm

 

この100人に1人弱が発症する病は、発症のきっかけが明らかになっていません。

 

つまり、いつ誰が発症してもおかしくない病です。自分の家族が発症したら、どうするか。上記の闘病記にあるように、長期間にわたって壮絶な闘いを強いられることになる。早期に症状を発見して、早期の治療につなげることが重要であることは当然だ。同時に、多くの患者・家族が「同じ悩みをもつ仲間がいる」ことを知ることが救いになったという。

 

精神医療のさらなる発展が必要だが、「苦しんでいる人たちを孤立させない」という政治の役割を果たせるように力を尽くしたい。

  

ASKAが、自身が逮捕されるまでの経緯や近況をブログで発表した。

 

どのように薬物に依存していったのか、反社会的勢力と接点をもつきっかけなど、赤裸々な文章からは、当時の心境が伝わってくる。なかでも印象深かったのは「盗聴盗撮されている」という恐怖から必死に逃げようとするASKAの姿だ。

 

ASKAが意を決して発表した文章は、すぐに削除されたようだ。ASKAブランドのさらなる毀損を防ぐためでなく、困難な状況に寄り添い、前に進める環境をつくってあげてほしいと思う。苦悩の声は届くべきところに届いているのだろうか。

わたし、盗聴されているの。〜ASKAのブログを読んでへのコメント

  1. 棘鮫 より:

    この話で思い出すのは「情報ガード」さんのブログ及び著作ですね
    探偵業の方が監視妄想の方に業務で出会った体験から書かれております
    監視妄想がネット時代の共有病と化している話が興味深かった

  2. ジュンオン より:

    犯人は創価学会です。盗聴盗撮を行いその情報を元にターゲットを
    精神的に攻撃します。多数の信者の人間を用いて攻撃します。
    ターゲットは犯人が分からないので、見えない敵と戦うことになり
    精神的に参ってしまいます。

    多くの統合失調症患者はこの犯罪の被害者です。
    薬で脳を破壊し、正しい判断ができない状態にし自殺を進められます。この国は骨の髄まで腐りきっている。

    ASKAさん以外にも多くの被害者がいます。
    このコメントで気づいてくれる被害者がいればうれしく思います。

    インターネットは匿名ではありません。DPIを用いてプロバイダー
    がパケットを盗聴してます。これが思考盗聴として機能します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です