平成26年3月28日

 

平成26年第一回都議会定例会を終えて(談話)

 

第一回都議会定例会は、全議案を議決して本日終了いたしました。

新会派「都議会結いと維新」を結成後、初めての議会であり、会派の重点施策である「絶え間ない行政改革」「原発に依存しないエネルギー供給体制の確立」「成長を続ける東京」を実現するべく、定例会一般質問、予算委員会等で取り上げ、主張を重ねてまいりました。

平成26年度予算案は、知事不在という状況の中で暫定案を基調に編成されたものですが、その中で、就任間もない限られた時間であったにも関わらず、待機児解消策や救急医療の充実、バリアフリーの街づくりや自転車レーン整備など、都民の立場に立った独自の施策を予算案に盛り込まれたことは、これからの舛添都政への大きな期待に繋がるものです。

また、必要な施策に予算を重点的に配分すると同時に、都債の計画的な活用や基金残高の確保などにより、健全な財政を維持するという二つの課題を両立させたという点でも、評価できるものであり、賛成をいたしました。

新知事による都政運営はスタートしたばかりです。私たちは、「しがらみがない」という強みを生かし、今後も、真に都民の利益を考えた都政となるよう、厳しくチェックをするとともに、都政の因習を打破し、斬新な視点で東京の潜在的な力を引きずり出せるよう、尽力してまいります。

都議会結いと維新幹事長 やながせ裕文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recent Articles