東京都が「震災がれき」を受け入れることについて、多くのお問い合わせを頂いています。

経緯と態度については、9月29日「震災廃棄物の受け入れについて」と題したブログを書きましたのでそちらをご覧いただきたいと思います。

その後、東京都は着々と準備を進めており、10月19日には処分業者が決定し11月初旬から処理を開始するとのことでした。その日程の詳細が明らかになりましたので、報告いたします。

 

【震災がれき搬入スケジュール】

11月2日 朝から宮古市の仮置き場「藤原埠頭」でコンテナに積み込み(6台、最大7t/台)

→夕方までに盛岡駅に搬入(宮古~盛岡は約2時間)

→JR貨物に積み替えし夜中に出発。      

11月3日 朝8時頃、東京貨物ターミナル(品川区八潮)に到着。コンテナカーに積み替え

→処分業者に決定した大田区城南島2社、江東区若洲1社へ搬入。破砕処理。

11月4日以降 不燃物は中央防波堤に埋め立て、可燃物は東京臨海りサイクルパワー(株)(江東区青海)で焼却。焼却灰は中央防波堤に埋め立て。

 

さて、ここでのポイントは以下の通りです。

①宮古市の仮置きされている瓦礫の放射能濃度が正確に測定できるのか

②輸送時における飛散がないかどうか

③処分施設での飛散処理、排ガス処理、中央防波堤の埋め立て処理、各モニタリングが適正になされるか

 

11月2日から3日にかけて、震災瓦礫を追っかけて報告をしたいと考えています。

 

 

 

 

震災瓦礫の受け入れについて【日程詳細】へのコメント

  1. 高橋江里子 より:

    瓦礫を東京都が受け入れる・・・とても悔しいです。
    何か今からでも瓦礫受け入れを少しでも減らせるよう一般都民にできることはないでしょうか。

    これからもサイトを拝見していきます。宜しくお願い致します。

  2. うえの より:

    都庁に瓦礫の件で何度か問い合わせしており、環境省へも問い合わせしています。瓦礫の受け入れは環境省が地方自治体にガイドラインを示し、受け入れる地方自治体と近隣住民に事前説明を必ず行う為、勝手に受け入れは出来ない、住民の反対があれば受け入れは難しいでしょうと言われてました。
    しかし、改めて都庁に問い合わせした時には、既に東京都は勝手に協定を結び、処理業者の入札まで進めておりました。
    環境省はこの件について、東京都が行為的に進めてくれたのだと。
    そして、都庁の環境局担当者は環境省から事前に住民説明するなどとの取り決めは聞いてないと答えております。

    都庁の環境局、ゴミ処理場などの担当者はバグフィルターの放射性物質除去は完璧で99.9%除去出来てると言い切りますが、有識者や専門家の中には立証出来る程の環境下でデーターを取っていないと否定的な人達もいますし、個人や団体で計測している人達の中にはゴミ処理場などのモニタリングとはかけ離れた数値を訴える場合も少なくありません。

    東京都は今回の瓦礫処理に多額の予算をつけています。
    柳ヶ瀬議員が言われていた、東京都独自の輸入品の検査も中止され、他県でさえ食品検査機を購入しているのに、東京都は輸入品の
    為に購入してあった一台の検査機を牛肉などに回しているので検査は出来ないと、農水省が市場に出ている食品全ての検査は
    出来ていないと公表しているにも関わらず、東京都は国任せです。
    九月に行った土壌調査もヨウ素とセシウムの結果は出てますが、ストロンチウムなどの放射性物質はまだ出ておりません。担当者は
    新宿のモニタリング敷地内のその数値が低ければ、別の場所での検査はしないだろうと言っています。ホッとスポットが都内からあちこち発見されてるのにです。

    10万ベクレルまでの焼却灰は、環境省としてはコンクリートなどで固めるなど安全性を重複させる方法が望ましいと話してました。東京都は袋に詰めて耐水性の処置を行って管理してるとの話ですが、国が特措法を提示するまで、予算をかけてまでコンクリートで固めたり、安全性の高い施設などを作る計画は止めているとの事でした。つまり東京独自で都民に安全性を示すよりも、国がお金を出してくれるまで、最低限の安全性で管理していくという方針なのです。

    中間処理施設もいつになるか分かりません。
    そんな中で本当に東京都は管理出来るのでしょうか?
    何でも事後報告で、都民の要望には予算がないと返事するばかりです。
    都民は、あの日、被曝しています。
    無関心な人達も同様です。
    安全性が確証されてない事には痛み分けは出来ません。
    柳ヶ瀬議員も大変な立場だと思いますが、私達は柳ヶ瀬議員からでなければ知り得ない事も多々あります。
    どうか、これからもよろしくお願いします。

  3. 茶柱 より:

    放射能問題についてこれからも都民のためにがんばってください!応援します~

  4. 被災地に居る者 より:

    問題点を調査して被災地に協力すべき立場では

    • より:

      都民が一切被災者援助を行っていないとでも?
      非核三原則をご存知ですか?
      核拡散は阻止しなくてはならないのですよ。

  5. 浜田 より:

    本来ならば電力消費最大の都市、東京都に設置すべき構造的欠陥の原発を、人間の弱さに付け込み地方に設置した負債は大きい。
    更に都は計画停電も拒否した身勝手さは許せない、せめてがれきの処分ぐらい二つ返事で気持ちよくやってください。
    ただのストーカではなく万一がれきから放射性物質がこぼれたらご自分でかたづける事ぐらいしてください。
    詳細なストーカー日程を見て我々はどうすれば良いのですか。

    • より:

      原発を地方に設置した負債は都民が負うのですか?
      計画停電を拒否したのは都民ですか?

      瓦礫焼却や埋め立てで、健康被害を受けるかもしれないのは都民であり、そこには大人の思惑に全く責任のない子供も含まれるのですよ?

      問題を混同されていると思います。

      放射性物質の拡散は阻止すべきです。

  6. ゆか より:

    汚染瓦礫の焼却が行なわれないよう、どうかよろしくお願いいたします。都民は何ができますか?

  7. さな より:

    これは国と東京都による国民への核攻撃です。もう一度言い換えます。これは国による国民へのテロ攻撃です。

    人間が汚した環境は浄化されません。被災地への協力は「人は受け入れる、ガレキは受け入れない」という方法によってなされるべきなのです。この基本線は揺らぐことはないのです。

    一度運んでしまったものは2万年消えることはないのです。そこのところをよく考えて直前でも阻止できるものは阻止しなければなりません。ストーカーのように追いかけるだけではなく、ぜひともストップして頂きたい。

  8. みちとし より:

    勇気のあるお方ですね。子供たちにこれ以上被爆をさせないのは全ての大人の義務じゃないかと思います。応援しかできませんが、頑張っていただきたいです。

  9. ANDOU より:

    貴重な情報ありがとうございます。自分は化学物質過敏症で、東京以外に逃げる場所もなく、ただただ東京の放射能の汚染におびえながら日々暮らしています。東京瓦礫受入れが、反対する間もなく一日で決ってしまってから、絶望的になり、今でさえ健康面で苦しいのに、これ以上放射性物質を吸ったらどうなるのかと、死すら覚悟している日々です。どんなに都に反対の意を訴えようと、どんどん事が決ってゆき、どうすることもできないようですね。いろんな議員の方に瓦礫問題をなんとかしてほしいとお願いしたのに、こんな大事な事について、誰も何の反応も示して頂けませんでしたが、こうやって問題意識を表明して頂き、反応してくださっているのはやながせ議員だけです。本当に本当に、ありがとうございます。やながせ議員のような方がいるということだけでも、今の私の心の支えです。測定して、例えば、ある測定値以上に放射線量がふえてたら作業を中止する、といったような作業に関する安全面での約束はあるのでしょうか。もしなければそのような、作業ストップの放射能測定値の上限値の約束事を決めてからにしてほしいです。また都民への安全性もしっかりと説明してほしいです。ストロンチウムの検出検査、焼却フィルターの放射性物質の除去の調査、放射性物質の焼却による二次的飛散の危険性への検討と対策を、お願だからやってください。これ以上、東京の放射線量や放射性物質の飛散が増したら、子供や自分のような体質の者から健康を害していくのでしょうけれど、東京には学びに来ている若者もたくさんいます。東京だって、まだまだ人や子供が住める所であってほしいと願うばかりです。東京都の議員の方々や職員の方々の健康だって心配です。どうか、よろしくお願い致します。

  10. […] 震災瓦礫の受け入れについて【日程詳細】|やながせ裕文氏オフィシャルサイト […]

  11. ゆきこ より:

    瓦礫受け入れ反対します!
    首都が汚染されたら、日本は終わりです。
    子供の未来を考え、反対します。

  12. ほんま ちかこ より:

    このニュースをたった今見ました。
    ショックと怒りに震えています。
    なんとかならないのでしょうか?
    瓦礫を追っかけるだけで解決するの?
    独断でないにせよ、決定したってことは、
    石原知事の責任ですよね?
    心が乱れます。

  13. まちゃき より:

    議員さんのこういった活動は都民にとって極めてありがたいです。風当たりは私達の想像を超えるものかも知れませんが、ぜひこのままご自身の道を信じて突き進んでいって下さい!1300万の都民は必ず応援するはずです。そして我々に出来ることあればご提案下さい!

  14. yuukinohana より:

    初めましてよろしくお願いします。
    母が別の用で偶然JR蒲田駅を通りかかったとき、やながせ先生の選挙活動を拝見して握手をさせて頂いたそうです。
    「ハンサムで素敵」と私や父や周りの友人に話しており、若干家庭間、いや正確には夫婦間不和を誘発しかけてしまい大変やながせ先生がうらやましく思いました。

     ところで、わからない点があるので書かせていただきます。

    東京都のHPの
    東京都の災害廃棄物処理支援
    http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/disaster-waste/index.htmlの中で

    災害廃棄物処理支援事業に寄せられたご質問について、ご説明いたします(Q&A)(303 KB
    http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/attachement/saigaihaikibutsu-QA.pdfを読みました。
    そこで
    (参考)都内一般廃棄物焼却施設の測定結果は、こちらhttp://www.kankyo.metro.tokyo.jp/resource/general_waste/attachement/houshanou-sokuteikekka_20110908.pdfをご覧ください。
    というのをクリックしてみたのですが、離島と民間の施設の飛び灰と焼却灰の測定値がありません。知事と議会の間でこれはしっかり公表することになっているのに未だにないのはおかしいです。

     それからバグフィルターなどの最新の高精度のフィルターや設備は替えが無くなってベントして全部空気中に放出する場合もあるそうです。フィルターの替えを多めに用意する、炉の改良にお金をかけるなど積極的に税金を使っても納税者として私はかまわないと思います。

     あと、ゼネコン関係では多少は空気の清浄や土や水の浄化もできないわけではないそうです。

     そういったことにお金を使う必要があるのならば私は増税に賛成します。積極的にどんどんお金を使っていただきたい。

     知事は今期で引退ですので、無理押しごり押しのことを沢山やって自民党側としてはうらみなどを全て背負って人気を全うしてもらったほうが都合が良いのだと思います。そして民主党が多数を占める議会に全ての責任を押し付けるでしょうし、都民の怒りも今まで都議会や知事とは無縁の候補(自民党側)よりも都議会で多数を占める民主党にぶつけられるでしょう。

     ここでがんばりになられるかで次の選挙が決まると思います。

     東北東京間の往復本当にご苦労様です。もうひとがんばりよろしくお願いします。

                         yuukinohana

  15. 東京都民より より:

    東京都の受け入れ反対を何度も電話したのに、
    もう宮古市と協定を結んだからとか、知事が決めたから、
    焼却しても問題ない、安全だとか適当なことを言われ、
    「都民の意見を聞かないのはなぜ」と聞いたら
    「いちいち都政にパブリックコメントは求めてない」との返事。

    すごく腹がたっています。
    都民の声を聞かずにこんな重大なことを決定し行う東京都。
    許せません!

  16. moge より:

    いつもありがとうございます!都民ではないのですが、応援しています。
    お願いします。東京を、都民を、守ってください。お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Recent Articles