都議会第三回定例会が始まっています。

9月28日には各会派の代表質問が行われました。

そこで憤慨する事態が勃発!

 

そもそも、東京都は国の要請に応じて「災害廃棄物の受け入れ」を表明し、3年間で50万tの処理をすることと、今年度の処理費用として70億円の予算が3次補正の一部に組み込まれていました。詳細は以下をご覧ください。

災害廃棄物処理の支援

ただ、この時点では、問い合わせに対し「詳細は決まっていない」と担当部局は回答しており、福島県を除く岩手県・宮城県から受け入れるということ以外の詳細は検討中とのことでした。

そこで、詳細が決まる前に「釘をさしておかないと」いけないと考え、都議会民主党放射能PTでは「放射能汚染廃棄物」に関する勉強会を開催し、今回の代表質問でも盛り込むことができました。内容は以下の通り。

 

(代表質問の要旨)

東京都は災害廃棄物の受け入れを表明しているが、岩手・宮城県の中でも、放射性物質によって高濃度に汚染されている地域と、そうでない地域がある。復興のためにできることはやるという姿勢は大切だが、あくまで都民の健康安全が確保されることが前提。そこで、震災がれきの取り扱いを決めるにあたっては、「慎重な検討」と、都民に対する「丁寧な説明」が必要だと考えるが、見解を伺う。

(答弁の要旨)

都は国からの要請に積極的に応えるため、岩手県及び宮城県からの災害廃棄物の受入れの準備を進めている。災害廃棄物の受け入れに当たっては、国が、8月に策定したガイドラインを踏まえ、搬出側での放射性物質濃度の再確認や受入施設におけるモニタリングも行い、その測定結果等を分かりやすく公表していく。

 

この答弁は要約すると「国の決めた通りにやるんだから問題ないだろ」ということか。

そして、昨日の代表質問終了後(21時30分頃)に環境局は記者会見し、岩手県から1000tを11月中までに受入れて処理すると具体案を発表。リリースは以下。

岩手県災害廃棄物

 

おかしい!

答弁では「準備中」だったのに、半日後に詳細を発表。

「震災瓦礫」の受け入れを全て拒否することはできない。しかし、あくまで都民の健康が守られることが大前提。

ちなみに、代表質問でこの問題を取り上げたのは民主だけ。

ほとんどの議員が「放射能」に関心がないのではないかと感じている。そこが大きな問題なんです。

 

現在考えられる問題点をメモしておきます。

●瓦礫の放射能濃度測定の正確性(ほんとに測定できるのか)

●瓦礫の移動手段(飛散の可能性)

●どこで処理するのか(施設の性能)

●施設におけるモニタリング方法(排ガス・処理水)

●都民に対する説明がなされていない

 

 

災害廃棄物の受け入れについて【東京都】へのコメント

  1. mint071106 より:

    いつも拝見しています。
    本当は受け入れに反対です。汚泥もたくさんあるのに、何千トンも?
    どうするのでしょう?各地にばらまく意味がわかりません。
    瓦礫、とても大変な問題だと思います。
    どうか都民の健康を考えた処理方法を検討してください。
    私達も近くのお母様達を動かすための努力をしています。
    よろしくお願いします。
    ちなみに、Twitterもやっています。
    mint071106です。おヒマな時に読んでください。

  2. 對馬 より:

    ご報告に感謝します。
    瓦礫受け入れの法案は放射能拡散を意味します。
    私はチェルノブイリ原発事故の後の健康問題を調べてた者ですが、
    被災地の物が拡散することはホットスポットを拡大させることに他ならず、
    なぜ放射能を撒き散らす必要があるのかが分かりません。
    環境省にもまともな感性の人間がいると思うのに、
    なぜ国を挙げてこんなことをするのでしょうか?
    瓦礫は瓦礫があった場所に置いておく、人々は避難、移住する、が
    当たり前だと思うのです。

    どうぞ、都民のために防いでください。
    宜しくお願いします。

    議員のこと、Twitterで知ったばかりですが、今後応援します。

  3. マザーbb より:

    東京都民です。福島第一原発から汚染されたものは、基本汚染元へ返すべきです。(もしくは東京電力本社)それが筋です。われわれ都民は被曝するために税金を払っているわけではない。痛み分けなどとんでもない。責任を取るべき人達が責任を取らないからこういうことになる。いいかげんにしてほしい。

  4. ナナ より:

    雑誌で都内のごみ焼却施設から放射性物質の含まれる排ガスが排出されている記事を読み、それを突き止めたのが柳ケ瀬都議だと知ってから、
    ずっとツイッターでフォローさせて頂いています。

    自分の住む、秋田県大館市では汚染焼却灰の最終処分場への埋め立てが、「モニタリングを強化すれば大丈夫」という、なんの安全対策にもならない対策を掲げて、市長と市議会議員の半数が受け入れようとしています。
    まさに都議会で行われているのとまったく同じことが、ここ大館でも行われています。

    柳ケ瀬さんは↑の問題点にあげられていませんが、焼却施設も埋め立てる最終処分場も、原発事故前は放射性物質なんか扱うことを想定して造られたものではないんです。重金属なんかの対策はとられていますが、放射性物質対策なんか、できているほうが不思議なんです。

    そこで処理しろということは、まるで普通の原発でプルサーマル発電するようなもの。灯油ストーブでガソリンを燃やすのと似たようなものです。

    柳ケ瀬さんは「代表質問でこの問題を取り上げたのは民主だけ」とおっしゃいますが、この放射性物質全国拡散キャンペーンを行っているのは
    、細野・原発事故/環境大臣であり、民主党政権であることも、はっきり認めて頂きたいです。

    あなた個人の活動は支持しています。今後もフォローさせて頂きます。

  5. 小林めぐみ より:

    29日に東京都の一般配給物対策課の係長と電話で話したときは、
    取りあえず10月から岩手からの瓦礫を1000トンの受け入れ、
    それから宮城、岩手からの50トンは、受け入れ能力がある
    と言うだけで受け入れるかどうか詳細はまだ決まっていないという話だったのに、
    既に3年間で受け入れることが決まってたんですね!ひどい話です。
    他の自治体では、住民の声で、受け入れを中止した県もあるというのに、
    東京都は、未来の東京をどう考えているのでしょうか。

    既に一般の焼却ごみからも1kgあたり3000Bq程の焼却灰が生じていると
    いう事だったので、これ以上、少しでも受け入れてはいけないと思います。
    被災地支援というなら、焼却施設で生じた焼却灰は、
    勝手に放射性物質を広範囲にばらまいた東京電力が引き取るべきです。

    都内で既に出ている放射性物質を含む焼却灰も、
    中央防波堤処分場に防水処理もせず、埋め立て、
    下水に流れた物は、再度下水汚泥を焼却して焼却灰をまた埋め立てることになっている、と汚染のリサイクルを行ってることも直接お話を聞き、
    今後が非常に心配です。

    瓦礫の受け入れを何とか阻止して頂きたいです。応援しています。

  6. maki plum より:

    いつも大変貴重なご報告とご活躍ありがとうございます。
    上記の問題点、全くの同感です。単純拙速に受け入れられる状況ではありません。岩手県、宮城県にもホットスポットは存在しており、このまま事が進めば、大量の放射性物質が東京、その近郊に拡散することは間違えないと思います。そもそも放射性物質に安全な基準値などないのです。全国にじわじわと広がる汚染をこれ以上悪化させないためにも、地元で安全に放射性物質を処理し、取り出す施設を建設できないものでしょうか。時間がかかってもしょうがないと思います。最終的にどちらが経済的にも、国の将来のためになるのか、明確だと思います。引き続き応援しております。

  7. meimai より:

    都は、しっかりした説明もないまま、都内にこれ以上、放射能の可能性をもちこまないで欲しいです。
    ガレキはしっかりした施設を作り、現地処理をしてほしいです。
    放射能の基まきちらさな

  8. takashima より:

    やながせ様、はじめまして。東京都の震災廃棄物受け入れのニュースを見て驚きました。どうして!!??と思い、いろいろ検索していてこちらのブログにたどりつきました。ちゃんと問題提起をされていた議員さんがいらっしゃったんですね。この件、もう決定で変わらないのでしょうか?都民が何かできることはないですか?

  9. ひじたろう より:

    絶対に阻止してください!
    東京都環境局、東京都にも反対メールを出しましたが、どこまで都民の声を聞いてくれるか、正直信用できません。
    これ以上、子供たちの未来を奪うようなことは、絶対に絶対に絶対にしないでください。
    もしも、これが実行されれば、私達は本当に日本から出ることを考えなければいけないとすら思っています。
    検証もまともにされないまま、適当に物事が決まっていくことに憤りを覚えます。

  10. seimiya koji より:

     感情論で政治を行わないでほしい!
    被災地の廃棄物をわが国民全員が受け入れることは被災地の人たちを本当に理解することになるのか、疑問である。
    全国への廃棄物の拡散は国土全部がくまなく汚染されることになる。その巨大な量を数万台のダンプカーに積んで走り回るだけでもどれだけ飛散するか計り知れない。どの自治体も自らの廃棄物の問題をかかえているのに他から受け入れる余裕などないはず。
     国は感情論で政策を立てず数十年もの時間をかける戦略てきな構想が必要である。被災された人たちには気の毒だがこの人は当地を離れていただき廃棄物は当地で処分することが妥当である。
     百年の戦略的な展望がもてる政治家が今こそ出てきて欲しい。

  11. konno より:

    実施保留をお願いします。被害の責任の所在を明確にして、健康被害農業被害の責任所在を都民に説明するまで保留を。また子供の安全確保をどうするかを説明して、都民が納得するまで保留にして頂きたい。あまりにも一方的で、放射性災害の物質ということを、その危険性を、あまりにも軽んじていないでしょうか。放射能の災害対策は、移動拡散ではなく、封じ込めが基本ではないでしょうか。被災地が困っているからとか、痛みを分け合えとか、汚いから持ち込むのは何事だと言うけれど、これは命にかかわる災害の拡大としか言いようがない。本当に被災地のことを考えるならば、移動拡散させずに封じ込です。地下防水処理など他の選択技を提案をしてください。やながせさんに、都民として強力できることがあれば言って下さい。

  12. 志久菜美子 より:

    放射性物質を拡散させるこの都の方針に私は強く反対します。都内は既に相当汚染されていると思っていますので、何故そのような自殺行為に走るのか理解できません。
    むしろ都議会が、都民を意図的に被爆させたいのだろうかと穿った見方をしたうなるほどです。
    やながせさんの活動、主張を支持しています。
    このままアホな政策を続けていたら、都民の流出がどんどん増加してもしりませんよ。と、他の議員様方にもお伝え下さい。
    もしくは、ふるさと納税制度を利用して、反原発を表明する自治体に税金分のお金を寄付する分、都に払う税金を削減する方法もありますし、それなりの結果が出ますよ。とも。

  13. ななか より:

    大田区在住です。
    現在学校給食への対応や土壌検査も行っていないのに新たに問題を増やしてどうするのでしょうか?
    受け入れるにしても現在抱えている不安の解消、たとえば小中学校の除染や給食検査を行い、細かなフォローができてはじめて次の問題へ対応していけるのだと思います。
    幼い子がいる家族はこのままだと東京から移住せざるをえません。
    ぜひともそこを踏まえてご対応いただきたくお願いいたします。

  14. Ashley より:

    私の周りではこの問題を知っている人があまりいません。伝えてもあまり関心がありません。保育園の園長も知りませんでした。オリンピック招致の会見をするんじゃなくて、この問題について都知事に会見してもらいたいです。悔しいですが、もうどうしても受け入れをするなら、山形県の基準4000ベクレル以下で受け入れるようにできないでしょうか。都民の意見を聞かないで、こっそり受け入れを進めたこと絶対許せません。これから都議を応援させていただきます。どうか全力で阻止してください。

  15. 1才児のママ より:

    東京都に抗議が殺到しているはずなのに、強行で決定したのでしょうか。
    大田区でも燃やすことになったのでしょうか。
    だとすれば、どちらで燃やすのでしょう。
    燃やされた場合、監視体勢をしっかりし、毎日の数値の測定をお願いしたいです。
    万が一、それで高濃度の煙などが出た場合、即刻中止していただきたいです。
    本当は受け入れ不可にしていただけるのが一番安心なのですが……。
    埋め立て地も近く、心配です。
    同じ子を持つ親として、やながせさんにはぜひ頑張っていただきたいです。
    応援しています!!

  16. あさくら より:

    汚染瓦礫の受け入れを阻止してください!

    放射能を拡散し、二次汚染を引き起こすことは、被災地支援ではありません。

    東京都で焼却処分をする業者が「東京臨海リサイクルパワー株式会社」という東京電力の子会社に決定。事前にその可能性を指摘していたブログ(EX-SKF-JP)がありましたが、その通りになってしまいました。都民はなぜもっと声をあげないのでしょうか。何か私たちに出来ることはないでしょうか。

    都庁へ反対のメールはしました。都知事にも以下の方法で直接抗議が出来るというのを今日知ったので、早速してみようと思っています。

    ①FAXの場合
    東京都「都民の声総合窓口」
    FAX03-5388-1233
    宛名は必ず「知事」宛にしてください。
    秘書課を通じ知事に届くとのこと。

    ①郵便の場合
    「知事宛て」「親展」と封筒に記載、以下まで送ってください。
    東京都庁 〒163-8001東京都新宿区西新宿2-8-1

  17. ロッピ より:

    高放射能に汚染された瓦礫等を受け入れをしているのは、東電の子会社であり、東電はこんな状況でも金儲けをしようとしている。国もそれに加担しようとしている。
    しかも税金で。
    こんな理不尽なことがあっていいのでしょうか?
    国民をバカにしているとしか思えません。

    ヤナガセ様どうぞ、人間の殻を着た心が汚れたモノが沢山蔓延ってますが、どうぞ負けずにご自分の正しいと思える心の声に添ってがんばってください。
    応援もうしあげます。

  18. ケロッピ より:

    高放射能に汚染された瓦礫等を受け入れをしているのは、東電の子会社であり、東電はこんな状況でも金儲けをしようとしている。国もそれに加担しようとしている。
    しかも税金で。
    こんな理不尽なことがあっていいのでしょうか?
    国民をバカにしているとしか思えません。

    ヤナガセ様どうぞ、人間の殻を着た心が汚れたモノが沢山蔓延ってますが、どうぞ負けずにご自分の正しいと思える心の声に添ってがんばってください。
    応援もうしあげます。

  19. Kano より:

    時間や労力、お金をかけて、遠路はるばる瓦礫を運んで来る意味は何でしょうか。あまりにも不自然です。         東北の復興の為に出来ることはいろいろあると思いますが、これじゃない。人の不幸で金儲け(に見える)は何重にも人を傷つける。
      汚染の程度はわかりませんが、受け入れることによって新たな風評被害が生まれることは簡単に想像できます。土地や家など資産価値が益々下がって困る人も多いのでは。
    あまりにも強硬な都のやり方に抗うのは大変だと思いますが、是非、
    是非とも受け入れ拒否をお願いします。

  20. 京都生協の働く仲間の会 より:

    頑張ってください。
    >被災地支援というなら、焼却施設で生じた焼却灰は、
    勝手に放射性物質を広範囲にばらまいた東京電力が引き取るべきです。

    本当にそう思います。
    京都でも、同じ問題があります。京都は、大文字焼きの時に、みんなが訴えて、放射性のまきを燃やさないことにしました。市長も、同意しました。
    ただ、共産党などは、どうしているのでしょうか?反対の声を上げているのでしょうか?こんな重要なことが、赤旗には、載っていなようなので、不思議です。京都市長選では、共産党などが推す中村和雄市長候補は、はっきりと、公約で放射性瓦礫の引き取りには反対を表明しています。
    東京での放射性瓦礫搬入拒否は、大事です。京都でいくら言っても、東京都1100万人が、認めたら、京都だけで反対するのは、難しいと思うのです。
    東京には、仲間、友達もたくさんいます。ぜひ頑張ってほしいです。福島の人たち支援は、避難支援をきちんと応援していこうということだと思います。

  21. 京都生協の働く仲間の会 より:

    放射性瓦礫搬入反対の人々に、石原知事は、「がんがん放射能が出ているわけではない。」「黙れ」という。本当にひどい。それにしても、放射能が出ていることは、認めている。許せない。
    それに、石原知事は、原発推進を今でも言っている。放射能爆発の原因は、石原知事ではないのか。京都もみんな心配している。モーニングバードでは、京都市は名指しで非難された。吉永みち子さんによって。マスコミ全部が、みのもんたも、古館もみんな石原知事をほめたたえている。みんな覚悟を決めなければ子供がみんな被曝させられる。本当にそう思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です