南部スラッジ施設内で、どれくらいの放射線が測定されているのか。東京都の測定結果を明らかにしておきます。

(5号炉)
ホッパ室内 0.063(0.048)
煙突     0.038(0.030)

(混練施設棟)
混練養生床 1.088(0.756)

(レンガ棟)
混練仮置き場(コンクリ塀から1m) 1.174(0.662)
混練仮置き場(コンクリ塀上)    2.693(2.677)

単位:μSv/h
測定日:6月6日14時頃(6月8日10時頃)

ちなみに、6月6日の私の調査では、

煙突 2.45~2.58
混練養生床 1.8~2.1
混練仮置き場 3.08

となっていて、煙突付近だけ東京都の測定と結果が大きく異なります。ここが問題。私の調査が正しければ煙突から排出されるガスから放射性物質が飛散していることになります。風向きや時間帯、焼却炉の稼働有無によって異なるのかもしれません。引き続き、東京都には徹底した調査を要請しています。


南部スラッジプラント放射能モニタリング結果へのコメント

  1. 大田区民 より:

    測定お疲れ様です。
    出来れば、使用機器と測定方法の開示をお願いします。
    測定地点を施設の図に照らし合わせていただくと、非常にわかりやすいものになると思います。
    もし測定器が自腹購入のものなのであれば開示は必要ありませんがね。
    税金や歳費、経費等で購入したものであれば開示することが義務かと存じます。
    数値を一人歩きさせることは、各報道で言われている、素人測定は風評の拡大と捕らえられかねません。
    正確な情報公開を求めます。

    蛇足ですが、所属政党が前面に出ていません。
    非常に不誠実に感じますので、しっかりと公開いただきたいですね。

  2. たなかひろこ より:

    すごい量の放射性物質でこわいです。フィルターとかは、ついていないのでしょうか? 都内でこれ以上、放射性物質をまき散らさないような署名運動がネットで出来ませんでしょうか?寝込むほどではないのですが、あまり健康に自信が
    ないので、動かずにいますが、本当なら逃げたいくらいです!

  3. 大田区在住のパパ より:

    政府だけでなく、東京都もですか…。
    がっかりですね。
    ガイガーカウンター買ったので、手元にとどいたら私もいろんな所で調べていくつもりです。

    とにかく、国や都は正確な情報を国民、都民に提供すべきです!

  4. 廣田雅子 より:

    大田区の私立高校に息子が通っています。
    大田区では学校の校庭の放射線の測定をするとききましたが、高校はやらないのですか?
    部活で長い時間ホットスポットにでもいるのではないかと、毎日心配でなりません。
    学校へ問い合わせたら、区や都から言われない限り測りませんと言っています。
    大田区では特にこのスラッジプラントがあるのですから、高校でも測定するようお願い出来ないでしょうか?

  5. 都内在住 より:

    連日のご活動、本当にお疲れ様です。
    政府は国民の健康や安全は無視して、経済復興ばかりに力を入れて、放射性物質による汚染はなかったかのように「安全デマ」のプロパガンダ・・・。
    十分なお金があったなら、こんな野蛮な国からはすぐに脱出したいというのが本音です。
    やながせ先生のように信頼できる政治家は稀有な存在となってしまいました。
    残念なことです・・・。
    どうか、先生を信頼する国民の期待を裏切らない活動をこれからもお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です